先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
正しい生き方を学ぶ
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

天地間を貫く二象一態と万物生存五原則


宇宙を貫く絶対的な真理は究極的には「陰」と「陽」で言い表わされる二極(電気のプラスとマイナス、磁石のN極とS極のようなもの)の形態で、これが互いに交わり和し、ついには二象一態と後で説明します万物生存五原則の原理につながって天地間一切の事物が生じました。


宇宙開闢から約150億年、地球が誕生して約46億年経過したといわれています。

この気の遠くなるような悠久の時空(時間と空間)は始めなく終わりもなく、ただ陰陽二極のエネルギーと万物生存五原則の原理が黙々と運行し支配することによって自然の秩序が保たれています。すなわち色や形にいまだいたらない前の根本の道理とか真理と呼ばれるものによって万物の生成化育がなされているのです。



昔は彗星が天空に長い尾を引いて夜空に華麗なその姿を現す年は、なにか大きな天変地異が起こるのではないかと懼れられていましたが、それは彗星の周期に規則性がなく偶然に地球に訪れると思われていたからで、周期が計算によって明らかになると、こんどは彗星を珍しいものと思いこそすれ、誰も彗星を見て不安にかられる人などいなくなりました。

このように真理もいずれは物理学的に計算され証明され、そして誰にも分かりやすい統一された見解が示される日がやってくると思われます。

つまりいままで真理は概念的(個々の事物の共通点から、多分、こうであろうとした考え)とか概論的(全体を見て、おおざっぱにまとめた理論)にしか捉えられていませんでした。

そのために随分、それを語る人の手前勝手に、いわゆる理屈と膏薬はつけようによってどうにでもなる式に語られることが多かったですが、それはただ人々の知恵がそこまでいたっていなかっただけのことです。



現在、分かっていることは、森羅万象のよって立つ原理の一つ目には、
@ それと同等のものがある
(人間にたとえるなら、自分の兄弟とか黄色人種に対する白人)

A それから発するものがある
(人間をはじめ動物の発する声や汗などの分泌物)

B 生存のために相手をやっつける
(動物を捕獲するとか植物を収穫して食用にする)

C 他からやっつけられる
(害虫や細菌に肉体が侵蝕され生命を奪われる場合もある)

D それを産み出してくれるものがある
(たとえば親のように自分を産んでくれる)
の、この五種の生存原則があります。

二つ目には、宇宙には、地球も含め、二象一態の原理によって支配されている。
三つ目には、万物は強いものに従う
などの、三つの大きな法則があります。


これらの真理は、毎日、目の前で起きている事象をつぶさに観察していればわかることです。

形而下(形として見える)的には、固体や液体は目で確認でき、目に見えない気体や電気や磁力は計測器で計測できるなど形や色、あるいは諸種の現象となって私たちの前に姿をあらわしています。

もちろん、「心などの中身」は、目に見えないし、計測することもできませんが、やはり注意深く観察することで、たとえ形而上(形として見えない)的であったとしても、三つの法則が理解できるのではないでしょうか。

ただ、これらの三つの法則を体系化して、正しい見解や理論を構築するには、少し時間がかかるかもしれません。







正しい生き方を学ぶ
1 人間とは大いなるもの
@ 古聖前賢の言葉に従う
A 仏語にある四苦八苦とは
2 宇宙は二象一態で成り立っている
@ 二象一態とは
A 男は男らしく、女は女らしく
B 唯物論的な経済至上主義が人の心をダメにした
3 真理とは
@ 天地間を貫く二象一態と万物生存五原則
A 人間は宇宙の落とし子である
B 真理に従うしか成功する方法はない
4 自己を知るほど難しいものはない
@ 自分の心を映し出す
A なぜ、報われないのか
B 自分を正しく生かすとは
C 人間は万物の霊長として創られている
D 人間が「万物の霊長」と言われているゆえんは?
E 幸福への最短距離の道とは
5 正しい死生観を持つ
@ 生死について考えよう
A 人間の真の価値について
6 富貴貧賤について
@ 足ることを知るのが人格者
A 富貴貧賤の内容にもいろいろある
7 禍福について
@ 禍福の実態とは
A 禍福は糾える縄の如し
B 禍を福に転換する心構えとは
8 老いについて
@ 人生を無駄に過ごしてはダメ
A 時間は待ってくれない
B 老いは先にあるのではなく、いまこの瞬間にある
9 志について
@ 高い志を立てる
A 高い志を持つには
B 男の役割を逸脱して本当の幸福はない
10 修養について
@ 禅の修養について
A 修養に関する古言・古歌【T】
A 修養に関する古言・古歌【U】
A 修養に関する古言・古歌【V】
11 自然について
@ 人間は自分の力で生きているのではない
A 現在は、この自然に反する考え方が横行






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.