先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
正しい生き方を学ぶ
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

禍福は糾える縄の如し


『幸福といえば煩わしい出来事が少ないのにまさる幸福はなく、不幸といえば欲望が多いことにまさる不幸はない』・・・古言


幸福とはまさにこの言葉の通りで、運勢が全般的に安定しているとかいないとかが最重要で、一般世間で考えられているように、
@ 収入が増えた。
A 地位が上がった
B 名声を得た。
などの一見、運勢が好転したのではないかと思われる事柄も、裏を返せばいずれ未来に反動が起こらないともかぎりません。

また当然のことながら身辺は多忙になるし、人間関係の複雑さが増すし、心身の煩わしさが増加するなどの件で、カネや地位や名誉を得ることが必ずしも幸福の到来とばかりに手放しで喜んでおられないのです。



それより、『人間、万事塞翁(さいおう)が馬』のたとえのごとく、それらが吉なら凶に、凶なら吉に変化する可能性はいくらでもありますので、人間の幸福とは本来的には長期安定型幸福が最大福なのです。

そしてそれに併せて天の恩、地の恩、親の恩、配偶者の恩、社会の恩、その他自分を取り巻くあらゆる人間関係の恩などを心の奥深くに感じるべきで、もしそのような気持ちのない人には、
『呉(く)れ呉(く)れ坊主にゃ、やりともない』のたとえのように、ついには天に見放され孤貧(孤独で貧乏)のうちに一生を終えなければならないでしょう。

★ 『禍(わざわい)は妄りに至らず、福は徒(いたずら)に来たらず』・・・史記

禍は理由がなくして来るものではないし、福も理由がなくして来るものではありません。それぞれにそのようになる原因がすでに潜んでいるのです。
これが仏(仏教)でいうところの因あれば果なかるべからず、果あれば因なかるべからずです。
すなわち、それなりの原因があるからこそ、その結果があるのであり、そのような結果になるのにはそれなりの理由がある・・・。

禍が来るのには、すべて正当で厳格な理由があると、この聖賢は言っています。
@ 恩に報いる気持ちがない。
A モノに感謝の気持ちがない。
B 親や上司を尊敬しない。
C 何でも喜びの気持ちがない。
D 人の言葉を素直に聞き入れない。

こう、ないないづくしの人間では、誰だって、「あいつに、これを頼もうか」、「あいつに、これをしてもらおうか」という気持ちになれるはずがありません。



禍福の問題は結局はみな、この浮世で起こることですから、浮世で起こるすべてのことは人間関係の中で起こると解釈していいわけですから、周囲から孤立する条件を持っている人、たとえば、
@ 内向的で消極的な人
A 陰気くさい人
B 出しゃばりで自惚れが強い人
C 同情心のない人
D 他人のことには無関心な人
E 自分の考えを正確に相手に伝えられない人
F 相手に合わせられない人
G 卑屈な人
H 視野が狭い人
I 愚痴や陰口が多い人
などなど、この性情の人には禍が多く、この反対の性格の人には福が多く訪れるものです。

★ 『善敗(ぜんぱい)はおのれによる、人によらんや』・・・左伝

善敗(運命や運勢の善し悪し)の原因はすべて自分にあって、それらは一見、他人から害を受けるように見えますが、事実はそうではない・・・。

人生の禍福についてこの古言はまさに当を得ています。だから、私たちはそうした厳粛な事実を踏まえ、今までと違った新しい生活方針を立てないことには運命の好転などありえず、幸福な生活など、およそ百年河清を待つにひとしい日々を覚悟しなければなりません。

ただし、上記の10か条に適合する人でも、何かひとつ、他人に優れた特殊な才能とか素質のある人は、それによって社会的に名声を博す場合はありますが、その件以外のことについては禍が訪れる可能性は否定できません。







正しい生き方を学ぶ
1 人間とは大いなるもの
@ 古聖前賢の言葉に従う
A 仏語にある四苦八苦とは
2 宇宙は二象一態で成り立っている
@ 二象一態とは
A 男は男らしく、女は女らしく
B 唯物論的な経済至上主義が人の心をダメにした
3 真理とは
@ 天地間を貫く二象一態と万物生存五原則
A 人間は宇宙の落とし子である
B 真理に従うしか成功する方法はない
4 自己を知るほど難しいものはない
@ 自分の心を映し出す
A なぜ、報われないのか
B 自分を正しく生かすとは
C 人間は万物の霊長として創られている
D 人間が「万物の霊長」と言われているゆえんは?
E 幸福への最短距離の道とは
5 正しい死生観を持つ
@ 生死について考えよう
A 人間の真の価値について
6 富貴貧賤について
@ 足ることを知るのが人格者
A 富貴貧賤の内容にもいろいろある
7 禍福について
@ 禍福の実態とは
A 禍福は糾える縄の如し
B 禍を福に転換する心構えとは
8 老いについて
@ 人生を無駄に過ごしてはダメ
A 時間は待ってくれない
B 老いは先にあるのではなく、いまこの瞬間にある
9 志について
@ 高い志を立てる
A 高い志を持つには
B 男の役割を逸脱して本当の幸福はない
10 修養について
@ 禅の修養について
A 修養に関する古言・古歌【T】
A 修養に関する古言・古歌【U】
A 修養に関する古言・古歌【V】
11 自然について
@ 人間は自分の力で生きているのではない
A 現在は、この自然に反する考え方が横行






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.