先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
正しい生き方を学ぶ
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

自分を正しく生かすとは


★ 『自己に徹すれば自己がなくなる、自己を失った人にして初めて自己が味わえる』・・・真渓涙骨


自分という人間を内省して掘り下げれば掘り下げるほど、日ごろこだわっているものが何であるかが見えてくるようになるとともに、自分という人間がますます分からなくなる。

そして遂にはそのこだわりが小さなもの、大して意義のないことが分かってくるようになるものです。そこまでいくと、そこで初めて自分という人間の小ささ、あまり大した人間でないことが自分なりに分かってくることになり、そこから正しい自分の出発が始まるのです・・・。



★ 『真に自分を正しく生かすものは自己の完成のために働くとともに、他人の自己完成に役立つ人である。自分を真に生きる道を教えたものこそ、真に自分を生かしたといえる』・・・武者小路実篤

★ 『自分は自分の主にして己は己の拠りどころなり、故に何よりも己を整うべし』・・・古言


自分という人間を支配し自分という人間の中を貫いているこの意識、すなわち自我こそ自分という人間の大事な主人であって、他のどこを探しても自分が頼りにする主人はいない、つまりこの自我こそ生涯自分と苦楽をともにする拠りどころです。従って、どのようなことよりも第一に、自分の意識、すなわち自我をこそ整えるべきです・・・。

★ 『人は人のうえをのみはかりて、おのれを知らずなり』・・・徒然草

人間は他人のことばかり目がいって、さて自分のこととなると何も分かっていない・・・。
と吉田兼好は言っています。

私たちのような、いたっていたらぬ人間は日々我知らずして、ついつい過ちを犯してしまう場合が多いですが、そんな過ちにも、
・ 全く気づかない過ちと
・ たとえ気づいていても、小さなことだからと自らを納得させて犯す過ち
の二通りがありますが、それが過ちである以上、いずれにしても過ちは過ちとしてあとに残ります。

このことは謙虚にしかも厳然と受け止めるべきですが、たとえこの種の過ちでも、この歌では初めのうちなら消えて許されるだと言っています。



★ 『池水に 初めのうちは 降り消えて 凍るかたより 積る白雪』・・・古歌

12月も中ごろになると、もういつ雪が降っても珍しくない季節ですが、このころの雪はよほどの大雪でないかぎり、ふつうはすぐ消えてしまいますが、まれにはたいへん寒い日が続くとか、夕方からシンシン降り出した場合はすぐには消えてしまわないで、翌朝一面の銀世界になって、私たちの目を驚かすことがあります。

この歌はこんな時期の静かな山中の小池に音もなく振り続ける白雪を見つめながら、人間社会のいろいろな是非善悪にたとえて歌ったものと思われます。

自分では全く気づかない過ちでも、ちょうど淡雪が絶え間なく降り続くと、降りおりたところから少しずつ地面が凍り、ついには白雪が積る状態となるように、過ちも絶えることなく犯し続けると、しまいには悪となり罪となってわが身を滅ぼすにいたると、この歌は教えてくれています。

微弱な過ち、自分ではちょっと気づかない過ちは、本来は誰にでもあって許される性質のものでしょう。しかし、受ける相手がこれによって心に不快感や不足の念を抱くようなら、これはもう厳然とした過ちといえます。

小さな過ちも謙虚に反省し自省して、二度と再びそのような過ちを犯さないように心しなければならない。







正しい生き方を学ぶ
1 人間とは大いなるもの
@ 古聖前賢の言葉に従う
A 仏語にある四苦八苦とは
2 宇宙は二象一態で成り立っている
@ 二象一態とは
A 男は男らしく、女は女らしく
B 唯物論的な経済至上主義が人の心をダメにした
3 真理とは
@ 天地間を貫く二象一態と万物生存五原則
A 人間は宇宙の落とし子である
B 真理に従うしか成功する方法はない
4 自己を知るほど難しいものはない
@ 自分の心を映し出す
A なぜ、報われないのか
B 自分を正しく生かすとは
C 人間は万物の霊長として創られている
D 人間が「万物の霊長」と言われているゆえんは?
E 幸福への最短距離の道とは
5 正しい死生観を持つ
@ 生死について考えよう
A 人間の真の価値について
6 富貴貧賤について
@ 足ることを知るのが人格者
A 富貴貧賤の内容にもいろいろある
7 禍福について
@ 禍福の実態とは
A 禍福は糾える縄の如し
B 禍を福に転換する心構えとは
8 老いについて
@ 人生を無駄に過ごしてはダメ
A 時間は待ってくれない
B 老いは先にあるのではなく、いまこの瞬間にある
9 志について
@ 高い志を立てる
A 高い志を持つには
B 男の役割を逸脱して本当の幸福はない
10 修養について
@ 禅の修養について
A 修養に関する古言・古歌【T】
A 修養に関する古言・古歌【U】
A 修養に関する古言・古歌【V】
11 自然について
@ 人間は自分の力で生きているのではない
A 現在は、この自然に反する考え方が横行






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.