先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
正しい生き方を学ぶ
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

足ることを知るのが人格者


★ 『金玉堂ら満つれば之を能く守るなく、富貴にして驕れば自らその咎をのコス。功遂げて身退くは天の道なり』・・・老子


カネやモノが蔵に満杯になるほど集まれば集まるだけ、それをそのまま維持するのは大変であるし、そのうえ名声が上がれば上がるほど人間はかぎりなく驕り高ぶって、最後は自分で自分の墓穴を掘るような愚かな所業をしでかすものである。よって、ある程度成功したら、余のことはほどほどにして引退するのが良い・・・。



★ 『名と身といずれが親しき、身と貨といずれが勝れる、得ると失うといずれが病ましき、この故に甚だ愛すれば必ず多く費ゆ。多く蔵すれば必ず厚く失う。足ることを知れば辱めあらず、止どまることを知れば危うからず、以って長久なるべし』・・・老子

名声と自分の身体のいずれが大事であるか、身体とカネではどちらが大切であるか、モノとカネを得るということを失うということのいずれが心に安心をもたらすか、この答えは簡単である。

つまりたくさん持てば、それだけ失うものが多くなるのは当たりまえで、人間は知足の心を持たないと、かぎりのないとらわれの世界からいつまでたっても脱出できないのは最初から決まっている。それより知足の心を持って悠々と暮らすなら、寿命も健康もいつまでも長持ちする・・・。

人間は身の内にいろいろなものを秘めているとはいえ、必ずしも全部が全部、良いものとか美しいものばかりではありません。

たとえば誰でも、これはしてもよいが、このことはよくないと判断する理性や物事の道理を理解しようとする悟性とか倫理感、それに社会公共に対する奉仕の心など崇高な道徳性や犠牲心を具えている反面、欲しいとか惜しいとか、憎いとか怨むとか、高慢とか他人を偽るとか、それはそれは醜い心もいっぱい持っています。

その他、人間は感情の動物といわれるぐらい喜怒哀楽の情も秘めていると、そしてどちらかというと、
@ このような行為はよくないことだと思うけれども、知らず知らずのうちに怠けてしまう
A 喜怒哀楽にしても、とにかく怒りとか哀しみの心が先に出てしまう
といったように、安易さの誘惑に負けてしまいがちで、結局はふつふつとして喜んだり楽しめないのが世の常です。



人はこのように自分勝手な自堕落な心に負け、そのために底辺の生活をしなければならないときもあります。それにいま一つは何に志を立てたかということも人生の大きな結果の差となってあらわれるので注意が必要です。

これにはどの程度の知識とか知能があるか、そして何を対象に学び励んだか、何に努力を傾注したかが問われます。
つまり、これらに対するたゆまぬ努力心とか心の底に確固としたある信念が、その人の人間性を育て人格を形成するのです。

人間が他の動物と違い、立派なところは、
@ 他に対する奉仕の精神がある
A 人間性を培おうとする向上心がある
B 他人の行為を見て感激したり感動する
C 社会で大いに活躍したいとする願望を持つ
D 親や周囲の人に恩を感じる
E 謙譲や美徳を発揮する
などなど、高い精神域の自我を持つ点です。







正しい生き方を学ぶ
1 人間とは大いなるもの
@ 古聖前賢の言葉に従う
A 仏語にある四苦八苦とは
2 宇宙は二象一態で成り立っている
@ 二象一態とは
A 男は男らしく、女は女らしく
B 唯物論的な経済至上主義が人の心をダメにした
3 真理とは
@ 天地間を貫く二象一態と万物生存五原則
A 人間は宇宙の落とし子である
B 真理に従うしか成功する方法はない
4 自己を知るほど難しいものはない
@ 自分の心を映し出す
A なぜ、報われないのか
B 自分を正しく生かすとは
C 人間は万物の霊長として創られている
D 人間が「万物の霊長」と言われているゆえんは?
E 幸福への最短距離の道とは
5 正しい死生観を持つ
@ 生死について考えよう
A 人間の真の価値について
6 富貴貧賤について
@ 足ることを知るのが人格者
A 富貴貧賤の内容にもいろいろある
7 禍福について
@ 禍福の実態とは
A 禍福は糾える縄の如し
B 禍を福に転換する心構えとは
8 老いについて
@ 人生を無駄に過ごしてはダメ
A 時間は待ってくれない
B 老いは先にあるのではなく、いまこの瞬間にある
9 志について
@ 高い志を立てる
A 高い志を持つには
B 男の役割を逸脱して本当の幸福はない
10 修養について
@ 禅の修養について
A 修養に関する古言・古歌【T】
A 修養に関する古言・古歌【U】
A 修養に関する古言・古歌【V】
11 自然について
@ 人間は自分の力で生きているのではない
A 現在は、この自然に反する考え方が横行






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.