先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
正しい生き方を学ぶ
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

禍を福に転換する心構えとは


★ 『人に接するに春風の如く、己に接するに秋霜の如くたれ』・・・古言


他人に対しては春風のような穏やかな気持ちや言葉で接し、自分に対しては秋の霜のように善悪正邪の判断を厳格にして、いやしくもこの反対であってはいけない・・・。
との厳しい姿勢でなければなりません。

ともすれば、自分に弱い人間は自分の都合だけ考え、自分の虫の良さだけを活かそうとします。そうして、「自分にだけは良い運命が来てくれるようにひたすら願う」という滑稽な人生を送りがちになるのです。



★ 『前事を忘れざるは後事の師、前車の覆るは後車の戒め』・・・漢書

失敗を含め過去のことを忘れないのは今後の良い手本になるし、他人の失敗は自分たちの良い参考になるので、この二つは忘れてはなりません・・・。

★ 『焔々(えんえん)に滅っせずんば炎々をいかんせん』・・・孔子家語

火はちょろちょろと燃えているときに消さなければ、ぼうぼうと燃え上がって大火事になってしまってからでは手がつけられなくなる、つまり何ごとも小さなあいだに適当に処理をする必要があり、後になってからでは処置のしようがなくなる・・・。

★ 『悪果(あっか)未だ熟さざるうちは悪人もまだ幸に逢う』・・・古言

不正なことや悪いことをしていても、それが小さなあいだは悪人といえどもまだ幸せなことがあるであろうが、それが大きなものになってしまったら必ず天下に露見して罪に問われなければならなくなる・・・。

★ 『貴は矯(きょう)と期せずして矯自ら来たる、矯は亡(ぼう)と期せずして来たり亡自ら至る』・・・古言

身分が上がったり高い地位についたりして名誉に恵まれることは良いことではあるけれども、その影に潜んだ驕りも密かにやって来る。そして驕りは没落と一緒にやってくるし、没落は滅亡と一緒にやってくる・・・。



★ 『吉凶禍福は来由(らいゆう)あり、しかして禍は得意に生ず』・・・古言

善いことや悪いことが訪れるのにはそれぞれ理由がある。しかし総じて失敗や不幸なことが起こるのは好調時の慢心や労せずして大金が入るなどして油断したり、むやみに浪費したりするのが原因である・・・。

★ 『君子は禍い至れども懼れず、福至れども喜ばず』・・・史記

立派な人は禍いが来ても驚いたり悲しんだりしないし、思わぬ幸福に見舞われても有頂天になって喜ぶことはない。それは人生をある程度達観できるようになると、生死の問題も利害得失のことも、ともに真の人生の意味とか意義に通じないからである・・・。

★ 『禍福に門なし、ただ人の招くところなり』・・・左伝

人間は誰もがひとしく死ぬ、この原則は何びとといえども免れられないのです。すなわち、どれだけ身分が高かろうが、どれだけ大金持ちであろうが、風呂に入るときには裸にならなければならないし、死ぬのも同じである。つまり人間は天の前には万人平等であるが、幸福と不幸の別があるのは、それぞれ当事者の日ごろの心得と行動による・・・。

★ 『世間の人は心動じて福の果報を愛好し、しかも福因を好まず』・・・古言

世間の人はなんとかして幸福になりたいものと切実に願うが、幸福が来る原因を好まない。なんとなれば幸福にあずかるには、それなりの努力の連続が必要で、なみたいていのことでは幸福は得られない・・・。







正しい生き方を学ぶ
1 人間とは大いなるもの
@ 古聖前賢の言葉に従う
A 仏語にある四苦八苦とは
2 宇宙は二象一態で成り立っている
@ 二象一態とは
A 男は男らしく、女は女らしく
B 唯物論的な経済至上主義が人の心をダメにした
3 真理とは
@ 天地間を貫く二象一態と万物生存五原則
A 人間は宇宙の落とし子である
B 真理に従うしか成功する方法はない
4 自己を知るほど難しいものはない
@ 自分の心を映し出す
A なぜ、報われないのか
B 自分を正しく生かすとは
C 人間は万物の霊長として創られている
D 人間が「万物の霊長」と言われているゆえんは?
E 幸福への最短距離の道とは
5 正しい死生観を持つ
@ 生死について考えよう
A 人間の真の価値について
6 富貴貧賤について
@ 足ることを知るのが人格者
A 富貴貧賤の内容にもいろいろある
7 禍福について
@ 禍福の実態とは
A 禍福は糾える縄の如し
B 禍を福に転換する心構えとは
8 老いについて
@ 人生を無駄に過ごしてはダメ
A 時間は待ってくれない
B 老いは先にあるのではなく、いまこの瞬間にある
9 志について
@ 高い志を立てる
A 高い志を持つには
B 男の役割を逸脱して本当の幸福はない
10 修養について
@ 禅の修養について
A 修養に関する古言・古歌【T】
A 修養に関する古言・古歌【U】
A 修養に関する古言・古歌【V】
11 自然について
@ 人間は自分の力で生きているのではない
A 現在は、この自然に反する考え方が横行






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.