先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
正しい生き方を学ぶ
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

人間は自分の力で生きているのではない


★ 『太陽と地球が互いに引き合う引力の真の原因は不明である』・・・近賢


地球が太陽系第7番目の惑星として誕生したのは、今から約46億年前という気の遠くなるような大昔であります。数限りない隕石との衝突を繰り返すことによって、火山の爆発と大規模な洪水に見舞われながら徐々に沈静化し、太陽系宇宙のどこにもない現在の美しい自然ができあがった。

おおらかで屈託のない私たちの先祖はこの美しい自然の中にすっかり溶け込んで、今に伝わるさまざまな文化的遺産を残してくれています。



★ 『天道は言わずして教えるのを見つけぬうちは常闇(とこやみ)の国』・・・古歌

天道とは二象一態の理と万物生存五原則によるり絶対中和の状態、それに地球の公転にわる正確な四季の循環により万物の生成化育がなされている道理のことで、この道理がわからないあいだは、
「自分は間違ったことをしていないけれども、相手が間違っている」とか、
「相手が自分に合わさないから、自分も相手に合わす必要がない」
などと言って、互いに譲り合おうとせず争いを繰り返しているようでは、まさに常闇の世界を彷徨う愚を冒していると言わざるを得ない・・・。

★ 『咲く花を 歌に読む人 褒むる人 咲かせる花の もとを知れかし』・・・古歌

咲く花を見て美しいと感じたり詩を作ったりする人はいるけれども、美しい花を咲かせた元の道理を知る人は少ない・・・。

昔の人は「お天道(てんとう)さん」にかぎりのない敬慕の念と恩恵を感謝する気持ちを持っていて、悪いことをすると、お天道さんの下を歩けないとも言っています。太陽を宇宙最大の神とあがめる宗教はここに端を発しました。しかし、この歌が読まれた江戸中期ごろには既に天恩を知らぬ横着者が横行していたとみえて、自分勝手に人生を楽しんでいたと思われます。



★ 『天は長く地は久し、天地の能く長く且つ久しき所以のものは、其の自らを生ぜざる以ってなり、故に能く長生す』・・・老子

仏教にも、
『諸法の空相は生ぜず滅せず垢つかず浄からず増さず減ぜず』・・・般若心経
と唱えられていますが、老子にしても仏教にしても両者は当時では想像もつかない遥か離れた異国であるのに、ほとんど時を同じくして、天地が増さず減ぜずして、かつ、自らを生ぜざる故を以って長久であるとしているのは、古人も悠久の大地に足を踏ん張り天を仰いで、この自然の美しさを心から感じたがゆえでしょうか・・・。

花無心招蝶・・花は無心に蝶を招き、
蝶無心尋花・・蝶は無心に花を尋ねる。
花開時蝶来・・花、開く時、蝶来たり、
蝶来時花開・・蝶、来たる時、花開く。
吾亦不知人・・吾、また、人を知らず、
人亦不知吾・・人、また、吾を知らず、
不知従帝則・・知らず、帝則に従うを。
良寛

なんと美しい詩ではないでしょうか。
この数行の詩のあいだに大自然の愛情に包まれて無心に戯れる蝶の楽しさが生き生きとうかがえるのではないでしょうか。

人間は自分の力で生きているのではない。この悠久の時空を通過する一因子にしかすぎないのです。
しかし、この因子には根性があります。
@ 文化を創造する。
A 文明を創造する。
B 子孫を伝承する。
この三つの根性により、人類は限りない発展を遂げてきたのです。







正しい生き方を学ぶ
1 人間とは大いなるもの
@ 古聖前賢の言葉に従う
A 仏語にある四苦八苦とは
2 宇宙は二象一態で成り立っている
@ 二象一態とは
A 男は男らしく、女は女らしく
B 唯物論的な経済至上主義が人の心をダメにした
3 真理とは
@ 天地間を貫く二象一態と万物生存五原則
A 人間は宇宙の落とし子である
B 真理に従うしか成功する方法はない
4 自己を知るほど難しいものはない
@ 自分の心を映し出す
A なぜ、報われないのか
B 自分を正しく生かすとは
C 人間は万物の霊長として創られている
D 人間が「万物の霊長」と言われているゆえんは?
E 幸福への最短距離の道とは
5 正しい死生観を持つ
@ 生死について考えよう
A 人間の真の価値について
6 富貴貧賤について
@ 足ることを知るのが人格者
A 富貴貧賤の内容にもいろいろある
7 禍福について
@ 禍福の実態とは
A 禍福は糾える縄の如し
B 禍を福に転換する心構えとは
8 老いについて
@ 人生を無駄に過ごしてはダメ
A 時間は待ってくれない
B 老いは先にあるのではなく、いまこの瞬間にある
9 志について
@ 高い志を立てる
A 高い志を持つには
B 男の役割を逸脱して本当の幸福はない
10 修養について
@ 禅の修養について
A 修養に関する古言・古歌【T】
A 修養に関する古言・古歌【U】
A 修養に関する古言・古歌【V】
11 自然について
@ 人間は自分の力で生きているのではない
A 現在は、この自然に反する考え方が横行






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.