先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
正しい生き方を学ぶ
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

人生を無駄に過ごしてはダメ


★ 『惜しめども いつかさかりは 過ぎにけり とめくるものは 老いにぞありける』・・・良寛


人間はなにびとも天から公平に1日24時間という時を与えられているが、人によってはこの1日をただ為すことなく送って、わずか数時間ぐらいにしか使っていない人もいれば、営々努力して30時間にも40時間にも使って生きている人がいる・・・。

★ 『つくづくと過ごせば、ひととせほどだにも こよのう のどけしや、飽かず惜しいと思わば 千歳(ちとせ)を過ぐすとも、一夜の夢の心地こそせめ』・・・徒然草

毎日のこの一日一日を意義深く、よくよく念を入れて生きていくなら、人生は一年でこのうえもなくゆったりのんびりと送れ、しかも十分な生甲斐を感じて暮らせる。



もし、日常のなにごとにももの足りなく、ああもしたい、こうもありたいとの欲心がいっぱいで暮らすなら、たとえ千年生きたとしても、わずか一夜の夢のような儚い無意味な心地がするであろうよ・・・。

人はそれぞれが置かれた環境や考え方により、それこそ千差万別の日々を送っています。
@ 商売営業に精を出す人
A 会社に勤務して月給をもらう人
B 官公庁に勤め地域に奉仕する人
C 人の健康増進に従事する人
D 夫をして内憂なからしめ家政の維持につとめる人
など、生活内容は枚挙に暇がありませんが、問題はその内容にあります。

兼好は、そんな、
『人事(にんじ)多かるなかに道を楽しぶより気味(び)深きはなし、これまことの大事なり』
人事多かるなかとは、人間関係が多い中という意味。
といっています。

本来、道を楽しむとは仏道に入り修行することで、実業世界から身を引くことを意味しますが、必ずしも実業世界を捨てなくても道を楽しむ(ここでは偏業の世界に入り心身に暇をもたらし、別の角度から改めて人生を考える、あるいは心身洒脱をはかる)ことはいくらでも可能なはずです。

ただ、虚なる側、すなわち実業世界ではない側から世の中全体を見ると、こんどは偏業の世界こそ実であるわけですから、今までの「実」は「虚」に変化するので、生きていくのに必要な金銭を得るためにだけ浮世の実業の世界に身を置いて働き、他面、余暇の時間を虚なる世界(余暇利用の趣味とか、心身洒脱をはかる生き方)のために使うなら、人生を楽しんだり人生の意義を知ることの深さは、また格別のものがあるのではないでしょうか。

ここで、偏業とは、非生産業務のことで、教師・医師、僧侶・宗教家、芸能人・諸芸師匠など。ただし一次産品の流通に携わるもの並びにサービス業は含まない。



★ 『金銭は得やすく光陰は失いやすし、あに得(う)べからざるの光陰をもって、得難(えがた)からざるの金銭に代うるべけんや』・・・近賢

金銭は働けば得られるものですが、時間は金銭では得られません。そのうえ時間は矢のごとく素早く去っていって再び還って来ません。どうして大切な人生のこの時間でもって、さして得ることの難しくない金銭を得るために貴重な時間を費やすことができましょうか・・・。

また、
★ 『聖人は尺の璧(たま)を貴ばずして、寸の陰を重んず』・・淮南子

立派な人はたとえどれだけ大きな宝石であろうと、宝石が持っている儚さを知っているから、そのような宝石を大切にせずに、再び得られないわずかの時間のほうをこそ非常に大事なものとするのです。

昔、カネは、「必要な時にだけあったら王者の暮らし」と言って平然としていた人がいるとの話を聞きましたが、この人の前には、いかなる金銀財宝も脱帽です・・・。

★ 『人は名位の楽しみなるを知って、名なく位なきの楽しみの真なるを知らず』・・・古言

人間はこの世で出世して高い地位についたり人が羨む名誉を手にすることを誰もが願うものですが、無位無冠(地位もなければ名誉もない)の生活こそ本当に人生の幸せであることを知らない人が多い。

つまり、地位も名誉を得ればそれだけ煩わしいことや争いごとが増え、日夜心身が休まる時などなく、そのうえ地位や名誉を維持し続けるのに非常な苦心をしなければならないからです。それでもなお、愚人が財をむさぼるのは、たとえば蛾が好んで火に近づくようなものであると喝破した人もいます・・・。

これらはそれぞれ、時間の浪費やカネやモノの獲得に浮き身をやつすことの味気なさをいましめたものです。







正しい生き方を学ぶ
1 人間とは大いなるもの
@ 古聖前賢の言葉に従う
A 仏語にある四苦八苦とは
2 宇宙は二象一態で成り立っている
@ 二象一態とは
A 男は男らしく、女は女らしく
B 唯物論的な経済至上主義が人の心をダメにした
3 真理とは
@ 天地間を貫く二象一態と万物生存五原則
A 人間は宇宙の落とし子である
B 真理に従うしか成功する方法はない
4 自己を知るほど難しいものはない
@ 自分の心を映し出す
A なぜ、報われないのか
B 自分を正しく生かすとは
C 人間は万物の霊長として創られている
D 人間が「万物の霊長」と言われているゆえんは?
E 幸福への最短距離の道とは
5 正しい死生観を持つ
@ 生死について考えよう
A 人間の真の価値について
6 富貴貧賤について
@ 足ることを知るのが人格者
A 富貴貧賤の内容にもいろいろある
7 禍福について
@ 禍福の実態とは
A 禍福は糾える縄の如し
B 禍を福に転換する心構えとは
8 老いについて
@ 人生を無駄に過ごしてはダメ
A 時間は待ってくれない
B 老いは先にあるのではなく、いまこの瞬間にある
9 志について
@ 高い志を立てる
A 高い志を持つには
B 男の役割を逸脱して本当の幸福はない
10 修養について
@ 禅の修養について
A 修養に関する古言・古歌【T】
A 修養に関する古言・古歌【U】
A 修養に関する古言・古歌【V】
11 自然について
@ 人間は自分の力で生きているのではない
A 現在は、この自然に反する考え方が横行






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.