先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
正しい生き方を学ぶ
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

高い志を立てる


★ 『男子、志を立てて郷関を出ず、学、もし成らずんば死すとも帰らず、人間いたるところに青山あり』・・・西郷隆盛


昔の人は、この言葉を胸に、青雲の志を立てたものですが、現在の学生にこれだけ高い理想に燃えた志を持っている人がどれほどいるでしょうか。

★ 『燕雀(えんじゃく)、いずくんぞ大鵬の志を知らんや』・・・陳渉

燕や雀のような小さな鳥が、どうして大鵬のような大型の鳥の志を知ることができようか、転じて立派な志を持つ男子は七つの海を雄飛して大成功を収めようとするのに、小人にはどうしてこの大きな志が理解できようか。

大きな志を持っているものには常に遠くを見て現在の足場を固めているが、心の小さいものは、いつも目先損得の事にばかり気を奪われて、どうしても大局を見られない。
なお、大鵬を鴻鵠(こうこく)と書いている本もある・・・。



★ 『念々ここにありて忘れざるを志という』・・・古言

志とはいつもいつも束の間も自分の胸に覚悟した一つの思いを忘れずに持ち続け、かつ、時が来たらすぐさま実行に移し、大きな成果につなげる原動力になる「心意気の魂」を言う。それゆえに、志は気の帥(すべての気力や行動を統率する大元)にして万事の枢機なりと朱石も言っている・・。

★ 『志あるものは事ついに成る、他日の成功、鏡にかけて見るが如し』・・・光武帝

束の間も忘れず、心にしっかりとした人生設計図ができているものは、いつの日か必ず成功できる、それはちょうど鏡にかけて見るように確かである・・・。

賢人は志を持つことの重要性をしっかり説いていますが、問題は何に向けて志を立て、そして実行したかが問題です。
もし、志の高いもの(高次元志向の志、自己の人間完成と社会人心に大きく寄与する立場の信念)と志の低いもの(自分の利益中心志向の低次元の志)との二つがあるとすれば、終わりにおける両者の隔たりは天地の違いになります。

ですから、人生の成功・不成功の原因はここにあるといえますので、自覚と方法論がきわめて重要になります。人間は、
@ 両親からどのように躾され育てられたか。
A 家庭環境はどのようであったか。
B 両親から何を教わったか。
C 両親の生きざまから何を感じたか、あるいは何に気づいたか。
D 成長過程で、どのような本や傾向に興味を持ったか。
E テレビではどのような番組が好きだったか。
F それらからどのような情報を得、生き方に共感したか。
G 先生から何を学んだか。
H 友だちから何を学んだか。
I 自分にどのような特技なり特長があるか、何が特に秀でているか。
などの基礎条件から、何に向かって志を立て何を実行したかが、将来の決め手ともいうべき大きな要素になります。

ただ、よく混同しがちなのが志と理想で、志は自分の胸の奥深くにしっかりと覚悟した「魂の塊(かたまり)」であるのに対し、理想には多分に達成への願望が入っています。

人間は理想を持つところに崇高な面があるのであって、そのもの自体は何も責められる筋のものではありませんが、理想の前に既にしっかりした志があることが条件、とくに理想があまりかけ離れたものになると、空想に耽るとか教条主義に陥る可能性がないとはいえないので注意が必要です。







正しい生き方を学ぶ
1 人間とは大いなるもの
@ 古聖前賢の言葉に従う
A 仏語にある四苦八苦とは
2 宇宙は二象一態で成り立っている
@ 二象一態とは
A 男は男らしく、女は女らしく
B 唯物論的な経済至上主義が人の心をダメにした
3 真理とは
@ 天地間を貫く二象一態と万物生存五原則
A 人間は宇宙の落とし子である
B 真理に従うしか成功する方法はない
4 自己を知るほど難しいものはない
@ 自分の心を映し出す
A なぜ、報われないのか
B 自分を正しく生かすとは
C 人間は万物の霊長として創られている
D 人間が「万物の霊長」と言われているゆえんは?
E 幸福への最短距離の道とは
5 正しい死生観を持つ
@ 生死について考えよう
A 人間の真の価値について
6 富貴貧賤について
@ 足ることを知るのが人格者
A 富貴貧賤の内容にもいろいろある
7 禍福について
@ 禍福の実態とは
A 禍福は糾える縄の如し
B 禍を福に転換する心構えとは
8 老いについて
@ 人生を無駄に過ごしてはダメ
A 時間は待ってくれない
B 老いは先にあるのではなく、いまこの瞬間にある
9 志について
@ 高い志を立てる
A 高い志を持つには
B 男の役割を逸脱して本当の幸福はない
10 修養について
@ 禅の修養について
A 修養に関する古言・古歌【T】
A 修養に関する古言・古歌【U】
A 修養に関する古言・古歌【V】
11 自然について
@ 人間は自分の力で生きているのではない
A 現在は、この自然に反する考え方が横行






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.