古歌に学ぶ生き方
  古歌−1
  古歌−2
  古歌−3
  古歌−4 
  古歌−5
  古歌−6
  古歌−7
  古歌−8
  古歌−9
  古歌−10

 辞世の歌・句
  辞世の歌・句

 心に残る名言集
  心に残る名言集

 相場の格言集
  相場の格言集

 スポンサーリンク

 人生の羅針盤
あなたの本質を真剣に知ってみたいと思いませんか。人生の全ての問題はあなたの本質に内在しているので、それを知らずして開運などあり得ません。
四柱推命による
水先案内


 【吉 田  松 陰】・・・・辞世の歌

   親思う
      心にまさる 親心
            けふのおとずれ 何ときくらん

吉田 松陰(よしだ しょういん)は、日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者、兵学者、地域研究家であり、一般的に明治維新の精神的指導者・理論者として知られています。

吉田松陰は、幕末に生きた非常に情熱的な人で、30年という短い生涯ながらも、自身の情熱で多くの人たちの心を揺り動かし非常に大きな影響を与えました。

吉田松陰の私塾である松下村塾からは、高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋など、明治維新の原動力となった数々の人物を輩出し、そして、松下村塾出身の維新の立役者達が、終生「師」と仰いだ人物こそが、「志」の人・吉田松陰その人です。

吉田松陰の生き方は21世紀を生きる私たちに多くのことを教えてくれます。

江戸末期、大老・井伊直弼による安政の大獄が始まると、江戸の伝馬町牢屋敷に送られます。

幕閣の大半は暗殺計画は実行以前に頓挫したことや松陰が素直に罪を自供していたことから、「遠島」にするのが妥当だと考えていたようですが、松陰は尋問に際し聞かれてもいないのに、老中暗殺計画の詳細を自供し、自身を「死罪」にするのが妥当だと主張したようです。

これが井伊の逆鱗に触れ、安政6年(1859年)10月27日に斬刑に処され、享年30(満29歳没)、生涯独身であった。

獄中にて遺書として、家族宛に残された『永訣書』の中に、上記の辞世の歌は記されているようです。

また、獄中にて門弟達に向けては『留魂録』を書き残しており、そこには次の歌も記されています。

   身はたとひ
      武蔵の野辺に 朽ちぬとも
            留め置かまし 大和魂





                                      

 スポンサーリンク

 おすすめサイト

(姉妹サイト)
相場の格言

うつ病対策

おひとりさまの心構えと老後の対策

介護保険の徹底活用

人相による結婚相手の選び方

老後の生活・年金・保険の基礎知識

ビジネスで成功する男の磨き方

恋愛メールテクニック

人間の心理を見抜く小悪魔の知恵

男と女の恋愛心理を知ってモテ男・モテ女になろう




Base template by WEB MAGIC.  Copyright(c)2014 先人が残した古歌や辞世の句から人間の生き方を学ぼう all rights reserved.