先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう



   朦々(もうもう)淡々として60年、
   末期の糞をさらして
   梵天(ぼんてん、仏法の守護神)に捧ぐ





一休 宗純(いっきゅう そうじゅん)は室町時代の臨済宗大徳寺派の禅僧である。説話のモデルとして知られています。

上記の辞世を残し、当時の平均寿命の倍近い87歳(1481年)まで長寿で亡くなったようです。
臨終の言葉は「死にとうない」。
悟りを得た高僧とは到底思えない、一休らしい言葉で人生を締めくくってますね。

自由奔放で、奇行が多かったと言われる。以下のような逸話が伝わっています。

@ 印可の証明書や由来ある文書を火中に投じた。
A 男色はもとより仏教の戒律で禁じられていた飲酒・肉食や女犯を行い、盲目の森侍者(しんじしゃ)という側女や岐翁紹禎という実子の弟子がいた。
B 朱鞘の木刀を差すなど、風変わりな格好をして街を歩きまわった。
C 親交のあった本願寺門主蓮如の留守中に居室に上がりこみ、蓮如の持念仏の阿弥陀如来像を枕に昼寝をした。その時に帰宅した蓮如上人は「俺の商売道具に何をする」と言って、ふたりで大笑いしたという。

トンチ話

足利義満は一休を邸に招き、困らせてやろうと魚を食事に出した。
一休がパクパク食べるので「僧が魚を食べていいのか」と義満が問いただすと、「喉はただの道です。
八百屋でも魚屋でも何でも通します」との返事。
義満は刀を突き出し「ならば、この刀も通して見よ」。
一休は「道には関所がございます。
この口がそうです。
この怪しい奴め。通ることまかりならぬ」。
そう言って平然としている一休に対し義満がさらに言ったことが「あの屏風の虎を捕らえよ」だった。



狂雲集

 
門松は
   冥土の旅の 一里塚
     めでたくもあり めでたくもなし

 釈迦といふ 
   いたづらものが 世にいでて
     おほくの人を まよはすかな

 女をば
   法の御蔵と 云うぞ実に
     釈迦も達磨も ひょいひょいと生む

 南無釈迦じゃ
   娑婆じゃ地獄じゃ 苦じゃ楽じゃ
     どうじゃこうじゃと  いうが愚かじゃ





辞世の歌・句
   源 義 経
   太田道潅
   上杉謙信
   織田信長
   豊臣秀吉
   黒田官兵衛
   柴田勝家
   明智光秀
   細川ガラシャ
   島津義弘
   伊達政宗
   石田三成
   浅野内匠頭長矩
   大石内蔵助
   吉田松陰

   弘法大師
   西行
   一休宗純
   良寛和尚






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.