先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう



  人間五十年
   下天の内をくらぶれば
     夢まぼろしの如くなり
   ひとたび生をうけ滅せぬ者のあるべきか
                  能「敦盛」




戦国時代における三英傑の一人。尾張国守護代の一家老に過ぎなかった織田家(弾正忠家)を卓越した手腕で全国最大勢力にまで押し上げ、強力な中央政権の基礎を築いた。
しかし、天下統一を目前にして家臣明智光秀の謀反本能寺の変により志半ばにして横死。

フロイスは信長の人物像を「長身、痩躯で髭は少ない。
・ 声は甲高く、常に武技を好み、粗野である。
・ 正義や慈悲の行いを好み、傲慢で名誉を尊ぶ。
・ 決断力に富み、戦術に巧みであるが規律を守らず、部下の進言に従うことはほとんど無い。
・ 人々からは異常なほどの畏敬を受けている。
・ 酒は飲まない。
・ 自分をへりくだることはほとんど無く、自分以外の大名のほとんどを軽蔑しており、まるで自分の部下のごとく語る。
・ 良き理解力、明晰な判断力に優れ、神仏など偶像を軽視し、占いは一切信じない。」といっている。



本能寺の変

信長は1582年5月29日、中国遠征の出兵準備のために上洛し、その後は京の本能寺に逗留していたが、秀吉への援軍を命じていたはずの明智軍が突然京都に進軍し、6月2日に本能寺を襲撃した事件です。

この際に光秀は部下の信長に寄せる忠誠の篤きを考慮し、現に光秀への忠誠を誓う者が少なかったため、侵攻にあたっては標的が信長であることを伏せていたと言われます。

100人ほどの手勢しか率いていなかった信長であったが、初めは自ら槍を手に奮闘したが、圧倒的多数の明智軍には敵わず、居間に戻った信長は自ら火を放ち、燃え盛る炎の中で自害したと伝えられている。

享年49(満48歳没)(本能寺の変)。





辞世の歌・句
   源 義 経
   太田道潅
   上杉謙信
   織田信長
   豊臣秀吉
   黒田官兵衛
   柴田勝家
   明智光秀
   細川ガラシャ
   島津義弘
   伊達政宗
   石田三成
   浅野内匠頭長矩
   大石内蔵助
   吉田松陰

   弘法大師
   西行
   一休宗純
   良寛和尚






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.