先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

無功徳(むくどく)


★ 趣旨

どんなに努力しても、どれほど善行を積んでも、それが果報(功徳)を期待したものであってはいけないという意味です。

報酬を期待して行動するのは、今すぐやめましょう。




「無功徳」という言葉が、禅の言葉として使われるようになったのは禅宗の祖、達磨(だるま)大師(生没年未詳。5〜6世紀の人)と中・梁(りょう)の武帝が問答をした際の、達磨大師の言葉からといわれています。

武帝も人々から仏心天子と呼ばれるくらいに仏教への造詣深く、自らも仏典を著すほどで、仏法の興隆へ寄与した方であった。その武帝がインドより大変偉い聖者が来たということを知り、直ちに達磨を宮中へ招き問答に及んだ。

「朕、即位以来、寺を造り、経を写し、
  僧を渡すこと挙げて記すべからず、何の功徳か有る」
                達磨応えて曰く「無功徳」


達磨大師がいう「無功徳」とは、たとえ善事善行をなそうとも、あれもした、これもしてやったと果報を求めたり、見返りを求めて行う打算的善行は真の善行ではないと諭したのです。



つまり信心、信仰はご利益を求めて行うものでなく、喜捨奉納も功徳を求めて施すもの

ではなく、真の信仰は、自らの見返りのない無心にして真心からの施し、神仏へ絶対帰依心による祈りであり、施しであるのです。

功徳とは、今でいう報酬やご利益、果報のようなものですが、自分の行いや努力、そのすべては報酬のため、果報のためという人もいます。

仏教には、善因善果(ぜんいんぜんか)、悪因悪果(あくいんあっか)という教えがあります。

良い因は良い結果を招き、悪い因は悪い結果を招くというものですが、達磨大師はこのとき梁の武帝に対して、とくに偽善的な善行は、けっして功徳の見返りを期待すべきものではないと諭したのでしょう。

私たちも、すべての行いや生き方に見返りを求めることはやめましょう。
打算でものごとを判断したり、偽善的な態度でいると身を滅ぼしかねません。
大切な友人をなくさないようにしましょう。





禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
心が軽くなり、温かくなる
山は是(これ)山、水は是(これ)水
徳を積み、祥(しょう)を致す
平常心是道(びょうじょうしんぜどう)
煩悩即菩提(ぼんのう そく ぼだい)
放下著(ほうげじゃく)
喫茶去(きっさこ)
知及(ちきゅう)せるもの、またくあらず
方便(ほうべん)
結果自然成(けっかじねんじょう)
自己を足元からかえりみる
莫妄想(まくもうそう)
福(ふく)受け尽くすべからず
無心
臨機応変(りんきおうへん)
心頭(しんとう)を滅却(めっきゃく)すれば、火も亦(また)涼し
無私(むし)
無功徳(むくどく)
看脚下(かんきゃっか)
真心を馳走(ちそう)す
五観の偈(ごかんのげ)
白珪(はっけい)なお磨くべし
名利(みょうり)共(とも)に休す
歩歩是道場(ほほ これ どうじょう)
学道(がくどう)の人、衣食を貪(むさぼ)ることなかれ
忘筌(ぼうせん)
人との出会いを輝かせる
放てば手に満てり
生といふは、人のふねに乗れるときのごとし
見性成仏(けんしょうじょうぶつ)
花は無心にして蝶を招き、蝶は無心にして花を尋ぬ
自未得度先度他(じみとくど せんどた)
風(かぜ)疎竹(そちく)に来る、風過ぎて、竹に声をとどめず
挨拶(あいさつ)
一器水瀉一器(いっきすい しゃいっき)
把手共行(はしゅきょうこう)
不立文字(ふりゅうもじ)
光明(こうみょう)を学得(がくて)せる作家(そか)まれなり
三人同行(どうぎょう)すれば必ず一智(いっち)あり
お陰様(おかげさま)
一期一会(いちごいちえ)
三級(さんきゅう)浪(なみ)高くして魚(うお)龍(りゅう)と化す
生きる力を湧き起こす
年年歳歳(ねんねんさいさい)花相似たり 歳歳年年(さいさいねんねん)人同じからず
月白く風清し
隻手音声(せきしゅおんじょう)
閑古錐(かんこすい)
心は万境(ばんきょう)に随って転じ、転処(てんしょ)実(じつ)に能く幽なり
日日是好日(にちにち これ こうじつ)
自己をならふといふは、自己を忘るるなり
南山(なんざん)に鼓(つづみ)を打てば北山(ほくざん)に舞う
よしあしの中を流れて清水哉(しみずかな)
未来をすーっと切り開く
知(ち)発にあらず菩提心(ぼだいしん)発なり
真玉泥中(しんぎょくでいちゅう)に異なり
百尺竿頭(ひゃくしゃくかんとう)に一歩を進む
作務(さむ)
人は必ず陰徳を修すべし
うを水をゆくに、ゆけども水のきはなし
木鶏子夜(もっけいしや)に鳴く
須(すべか)らく回向返照(えこうへんしょう)の退歩を学すべし






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.