先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

順に居て逆を忘れず。逆に居て己を捨てず


「治にあって乱を忘れず」とか、
「名を成すは常に窮苦の日にあり。

事の破るるは多く得意の時による」ということばがあります。



「順に居て逆を忘れず。逆に居て己を捨てず」ということは、
ごくあたり前のことですが、
この当たり前のことを実行するのは、非常にむずかしい。

もし言葉どおり実行することができましたら、
相場にしろ何にしろ、
100パーセント成功してしまうにちがいありません。

自分の仕掛けた玉が、すべて成功しているとき、
自分の気持ちを引き締めて、
全部の玉を売り抜けて休んだり、
「カラ売り」したりするは、やはり普通の心の状態、
自然な心の状態では、実行がむずかしい。

しかし、古い自分自身を捨てて、
新しい自分になったときには、十分実行は可能です。

つまり、株の売買とは、
人間の自然な心の状態を超越する必要があるわけです。

しかし、自分の自然な感情に逆らうテクニックを
身につけた人間にとっては、
「順に居て逆を忘れず。逆に居て己を捨てず」
ということも可能になってくるわけです。

株の売買で、実際に必要なのは、
結局は、精神力であります。

精神力というものを、具体的に言えば、
自分の自然な感情に激しく逆らうことであり、
不快というものを愛することなのです。






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.