先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

利食い千人力


投資家の中には、
買った株が、一時かなり上がったものの、
つい売りそこねてしまって、
結果的には、かなり下がってきたところで、
売って損をしてしまうケースも少なくありません。



天井のあたりで利食いすることです、
そのまま下がってきますと、
どこまで下がるのか不安が大きくなり、
つい安いところを投げてしまうことになりやすいです。

やはり、買ったあと高くなったら、
一応売り抜けて、利益を確保しておかなければなりません。

もちろん、「利食い千人力」といっても、
ケースバイケースで、大底とか底のあたりで買ったものを、
少し上がったからといって、すぐ売ってしまってはいけません。

大底とか底で買った場合、
あくまで高値圏までじ持続して、大きくとるべきです。

「利食い千人力」という格言の当てはまるのは、
主に上がっている途中で買った場合、
あるいは高値圏で飛び乗った場合、ということになります。

ところが、投資家というものは、
大底や底のあたりで安く買ったものは、
少しでも上がると、すぐ売りたがり、
高値圏で飛びついたものは、天井になっても売らず、
長く持ち続けて大損をする傾向があります。

また、「利食い千人力」で注意しなければならないのは、
株のクセ、習性ということになります。

つまり、クセの良い株の場合は、
上昇の勢いが強く、
しかも長い間上昇するケースも少なくありません。

このようなクセの良い株の場合は、
途中で飛び乗った場合でも、
少し上がったからといって、
「利食い千人力」をやっていたのでは、
せっかくのチャンスを十分利用することができません。

いっぽう、クセの悪い株の場合は、
上がってもすぐ下がるケースが少なくないので、
「利食い千人力」ということが、原則になります。






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.