先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

初押しは買い


波静かなる相場がやっと動き出したようなときは、
最初の押しは、まずは買え、ということです。



ただ、初押しといっても、いろいろなケースがあり、
確かに大きな上昇相場の初押しは、
無条件で買っても良いでしょうが
仕手がついて一気に上がったような相場の初押しは、
気をつけないと、買ったが最後、
はしごを外されたようなことになって
二番天井で買ってしまったというようなこともありますので、
注意してください。

ただ、「初押し」は買いといっても、
現実に初押しで買う人は少ないですが、
これは相場がこれから始まろうとするときは、
相場つきが弱々しく、
将来の荒々しい値上がりが予測できないために、
買い控えするからです。

しかし、相場で確実に成功を収めようとすれば、
この確信が持てない、
危なっかしい時期に買うしかないのです。

いっぽう、初押しの反対は、初戻りですが、
これを買ってしまったらダメで、
かならず売らなければなりません。

なぜなら、大きな上昇相場を描いた後の下がりは、
まだ上がるのではないかと誰もが期待し、
ふたたび上がる夢を見ては売りそびれてしまうのです。

ただ、手仕舞いの売りの場合、
天井で売りそこねた時は、初戻りまでは待たず、
一刻を争って売り抜けなければなりません。






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.