先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
 TOP相場の格言集休むも相場
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

休むも相場


株式投資は、
買いと売りだけで成り立っているのではなく、
「休む」ことも相場を張っているのと同じ状態である
という趣旨です。



『三昧伝』にも、
「心に叶わざる相場の時は休むべし」とあります。

このように、「休む」ということは、
株式相場では絶対に必要なことですが、
ただ、この「休む」ときの心構えが大切であり、
売り買いしている時以上に重要であります。



つまり、相場で「休む」というときは、
ただ漫然と休んで果報を待てというようなものではなく、
もっと積極的に働きかけることが大切で、
その休んでいるときに、
毎日の株価の動きとか出来高を注意深く観察し、
いざという時には、
いつでも出動できる態勢を整えておけということです。



そういう意味からいいますと、
株を売買している以上は、
相場を完全に休むということなどありえません。



よく、売買を頻繁にしている人に対して、
「あまり株のことだけを考えていると、
精神的に疲れるから株を少し休んだらどうか」ということを
言う人がいますが、
これは全くの間違いで、休んでいるときこそ、
精神を研ぎ澄ませ、株を研究しなければならないのです。

ある意味では、
株を売買しているとき以上に疲れることなのです。






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.