Menu ▼
生き方を学ぶトップページ
古歌のトップページ

見返りを求めない気遣いは人を感動させる


★ 野村克也の名言

ヤクルトスワローズや東北楽天ゴールデンイーグルスなどの監督を務めた、元プロ野球選手。



人として小さなことへの気遣い、思いやり。
人間、こんなことに感動する。

1998年の秋、野村克也氏が阪神タイガースの監督に就任したときのできごとでした。就任後初めての秋季キャンプで宿舎の部屋に入ったところ、そこには監督のための仕事道具、ユニフォームから筆記用具までが一式揃っていたそうです。

ほんの小さな気遣いかもしれませんが、彼は球団からの大きな敬意と配慮を感じ、「感動させてもらった」のだとか。
人を感動させる行為は、なにも高価なプレゼントがすべてではありません。

このようなちょっとした気遣いが、かえって人の心の機微に触れるのではないでしょうか。


★ 思いのこもった気遣いは、相手の心に響いていく

さりげない気遣いはとても難しいものです。
気遣いを相手に知ってもらいたいからといって、恩着せがましくするのはもちろんNGです。優しさの見返りを求めるようなことは、とてもしたくなく、みっともない行為です。

なによりそのような不自然な優しさは、かえって相手へのプレッシャーになってしまいます。「恩を返さなければいけないと思わせる優しさ」は本当の優しさとは呼べません。

でも、見返りを求めないさりげない気遣いは、相手が偶然ふとそれを知ったとき、本当に感動してくれるはずです。

どんなに小さな気遣いでも、続けているうちに、相手に優しさが伝わると信じてみましょう。たとえ一生、相手にその行為を気づいてもらえなくても、人として美しい気遣いを貫いていただきたいものです。





いい言葉や名言で人生を変えよう
いい言葉は、思いやりのある人間関係を構築
あいさつの力をもっと活用しよう
自分が笑えば、相手も笑顔に!
「聞き上手」は人間関係の潤滑油
相手の心には、嘘や見栄は必要なく誠実さがあれば届く
褒め言葉には人を動かす力がある
見返りを求めない気遣いは人を感動させる
波長の合う友達は一生の宝物です
「あいづち」は魔法のツール
腹の立ったときこそ、グッとこらえる
余計なことはできるだけ考えないようにしよう
親切は、あなたのできる範囲で十分なのです
言葉には言霊が宿り現実化する力を持っている
人の価値観は、人間の数だけあることを知っておこう



しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険