先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

女の魅力


  女の品行というものは、
  男が思っている以上に乱れているが、
  同時にまた、男が思っている以上に清潔だ。
                    (織田作之助)





  恥じらいは醜婦を愛らしくする。
  そして、美人を一段と美しくする。
                     (レッシング)


  女は難攻不落であると思いこんでいるときほど、
  誘惑に負ける危険にさらされている。
                       (フィス)


  女は征服することのみでなく、
  征服されることを好む。
                    (サッカレー)


  女はたとえ百人の男にだまされても、
  百一人目の男を愛するだろう。
                       (キンケル)


  生命と引きかえに
  金銭を欲しがるのは強盗であるが、
  女はその両方とも欲しがる。 
                      (パトラー)


  男の顔は履歴書、女の顔は請求書だ。
                     (藤本義一)


  阿呆な不美人は、単なる阿呆にしかすぎない。
  ところが阿呆な美人は依然として美女である。
                      (シニック)


  美女は、はるか昔から、少し愚かでもよいという
  特権を持っている。
                   (ハーン夫人)


  十三夜で逢い、十四夜で燃え、
  十五夜の夜に激しく愛されても、
  十六夜がくれば、めくるめく時も、
  少しずつ欠けていく習わしなのです。
                      (蜷川幸雄)


  女が服を身につけるのは・・・・・
  それは脱ぐためである。 
                      (モーア)





心に残る名言集
 人間の不思議さ
 男の心理
 女の魅力
 男と女は狸と狐
 恋愛の名言
 結婚とは
 夫婦とは






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.