先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

慣れてきたら自分で読書会を「主催」してみよう


SNSなどを利用し、幅広い層の参加者を集めましょう。主催者の責任を自覚し、普段より深く読む意識を持ちます。



★ 最初は数人程度の小規模な会から始めればいい


「読書会」に何回か参加して慣れてくると、読書へのモチベーションは向上するはずです。ただし、読書会にはそれぞれ「カラー」があるため、主催者の個性によってかなり趣が異なり、中には「自分には合わない」雰囲気の会もあるでしょう。

あるいは、アクの強い常連参加者がいれば、「ここの読書会は少し苦手」となり、何となく参加しにくくなるケースもあるかもしれません。

そこで、アウトプット術のさらなるステップアップとして、「自分で読書会を主催」するのはいかがでしょうか。

最初は数人程度で、小規模な会から始めればいいので、過去の読書会で知り合った人たちで、気の合う人に直接声をかけてもいいし、SNSを利用して参加者を募るのも手軽な方法といえるでしょう。

参加者が数人という規模なら場所はカフェやファミレスで十分です。人数にもよりますが、予約をしておくのがベターです。



★ 「定例開催日」を設けて長続きさせよう

盛り上げるには、年齢や職業などが幅広い層のメンバーを集めるのがポイントです。後はとにかく「継続する」ことが鉄則です。


長続きさせるには、「毎月第二土曜日」などと、定例の開催日を設けて、ひたすら遵守するようにしましょう。ブログを開設していれば、読書会のリポートをアップするのに効果的です。

ブログは「読書メモ」や「レビュー」の機能を兼ねる利点もあります。普段は自分の読んだ本のレビューをアップし、読書会を開催するときには、参加募集や開催告知をするのにも便利なので、一石二鳥です。

読書会は、休日の午後などに実施するのが一般的ですが、最近は平日の夜や早朝に行うものも増えています。

ビジネス書がテーマの会などは、「朝活」の一貫として、オフィス街で出勤前に開かれることが多く、「仕事の前に熱く語り合ってパワーをもらえた」などと、参加者の評判もいいようです。

夜の読書会は、エンターテインメント系の小説などをテーマに、リラックスできる場で開くのがふさわしいでしょう。



★ 主催者ともなれば、普段より深く読み込むよう意識が高まる

読書会のいいところは、読んだ本の印象を深くして「記憶に残せる」だけでなく、本好きな仲間との「情報交換」ができることです。


お互いのお気に入り本の情報を交換し合ったり、「私はこんな読み方をしている」という情報の共有をしたりするのも意義深いことです。
また、自分で読書会を開催するとなると、主催者として課題本をより深く読み込んでおこうとするでしょう。

「ここを重点的に紹介しよう」「この部分は気づきにくいけど、意外に重要かもしれない。みんなの意見を聞いてみよう」などと、アウトプットを意識した読み方をするようになるはずです。主催者ともなれは責任も生じるし、ハードルは低くないかもしれませんが、勇気を持って踏み出してみましょう。





読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
心を豊かにする読書のための心構え
人生を豊かにする「真の知識」はインターネットではダメ
多くの本を読み、かつ書くことで文章力がアップ
ビジネスキルをアップさせるにも読書が大切
趣味をはじめプライベートにも読書が役立つ
読書が実証された読書の心理的効果
読書がもたらす脳機能の活性化
心を豊かにする本の選び方
値段で本を選んではいけない
「多読・乱読」で出会いの数を広げよう
前書きと目次のチェックが本選びの鉄則
著書のプロフィールもしっかりチェックしよう
趣味や感性が自分に近い人の意見を参考に
「憧れの人」が強く薦める1冊を読んでみよう
「読書のプロ」たちが選ぶ1冊を参考にしよう
ベストセラーやランキングで選んでもOK
心を豊かにする本の読み方・・基本編
忙しい人でも読書の時間は必ずつくれる
「ノルマ設定作戦」で読むと心に残る
60分続けて読むより、15分×4回の読書を
「朝起きを活用した読書」を毎日の習慣にしよう
1冊ずつ読むより、何冊かを同時進行がいい
「つまらない」と感じたら後回しに
心を豊かにする本の読み方・・応用編
脳に長期保存させる「リピート読書作戦」を
「飛ばし読み」も大いに有効
心に残る読書の基本は「エンターテインメント」
脳を活性化させるには「音読」も効果的
参考文献を併せ読む「リンク作戦」で知識を補完
気に入った著者はとことん追いかけよう
「本を読まない読書術」のメリットとは?
読後に人に話してあげることが大切
読んでいない人に「話す」ことで記憶が確かに
第一段階は「抜き書き」から始めよう!
読書メモのポイントは「要約」すること
SNSをフル活用しよう
1冊で二本の記事を投稿し、本の記憶を残そう
読書メモに加えて「ネタ帳」作戦で知力アップ
読書メモから「レビュー」へのステップアップ
「読書会」に参加してみよう
慣れてきたら自分で読書会を「主催」してみよう
電子書籍の賢い活用法
紙の本より軽量かつコンパクトで保管も楽
購入費の節約にも電子書籍がいい
読みたいときにすぐ読めるスピード感も魅力
文字を拡大できるのでシニア向き
「ハイライト機能」をフル活用しよう
専用の電子書籍端末には独自の魅力もあり
紙の本のように読める「電子ペーパー」
Kindleと双璧の楽天Koboも要チェック






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.