先人が残した古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉・いい言葉や名言から生き方を学び、家庭・夫婦・人間・就職・男女関係を解決しよう

Menu ▼
古歌に学ぶ人生指針
辞世の歌・句
禅の言葉でストレスや悩みを軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
古歌に学ぶ人生指針
『辞世の歌・句』により、人生を一変させよう
禅の言葉で心を軽くしよう
いい言葉や名言で人生を変えよう
心に残る名言集
平常心を保って心を安定させよう
偉人たちの言葉のパワーを取り入れよう
株式の相場格言集
読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう

「本を読まない読書術」のメリットとは?


「読んだふり」をして、相手がその本の話をするように促すし、断片的な情報を得てから読むと、より記憶に残りやすい。



★ 「読んだふり」をして人から本の内容を聞きだしてしまう


評論家として活躍した加藤周一氏は、読書の達人として知られ、彼の唱えた読書術の中に「本を読まない読書術」があります。逆説的で高度なものですが、なかなか興味深いので紹介します。

誰かに「○○の本は読んだ?」と聞かれたら、その本を読んでいなくても「ああ、あれはなかなか面白いね」などと返すというものです。すると「相手は嬉々としてその本の内容を喋り出すので、ただ相づちを打ちながら聞いていればいい」と。

相手の話から大まかな内容がつかめてきたら質問をして、答えを聞くうちに「その本を読んだような気になれる」そうです。相手が話好きなほど、この手法はより効果的だそうです。

なんともビックリな「読書術」ですが、「読んだふり」をするためには、相手の話を集中して聞かねばならないし、断片的な情報をもとに推理を重ねる必要もあるので、脳をフル回転させなくてはいけません。

ダラダラと1冊を読むよりは、たとえ読んだふりでも「記憶に残す」知識が得られるという一面は確かにあるでしょう。



★ 相手から情報を引き出して「本当に読む」のがベスト

これは加藤氏のように達人の域に達した人だから成立するというのが事実でしょう。加藤氏は経営学者・ドラッカーの著作を読んでいて、「これは老子が書いたことと同じだ」と気づいて、読み飛ばしてしまうような人です。

自分の中に知識があるから、相手の断片的な話から組み立てることもできるのでしょう。ここでは、読んだふりで相手から情報を引き出した後に、「本当に読む」方法を提案します。

読んだふりをして断片的な情報を得れば、「実際のところはどうなんだろう?」と気になるものです。そこで実際に読んで内容を確かめれば、「彼が話していたことはこういうことか!」「これは聞いていたのとは微妙に違うな」などと検証しながら読むことになり、印象がずっと強くなります。

何も予備知識がない状態で読むよりはるかに内容が頭に入り、記憶に残すことが用意になるはずです。


★ 「読んでいない」といえば、そこで話が終わってしまう


誰かに「あの本を読んだか?」と聞かれて、「読んでいない」と正直に答えたら、話はそこで終わってしまいます。相手も普通はそれ以上話を進めようとしません。そうであれば、あなたも「読んでみようか」という気にならないはずです。

しかし、読んだふりをすることで必死に話題に食いついていったなら、明らかに読む動機がうまれるのではないでしょうか。記憶に残す読書のためには、読んでいない本について聞かれた場合に読んだふりをする勇気も必要かもしれません。





読書術で記憶に残して人生を豊かにしよう
心を豊かにする読書のための心構え
人生を豊かにする「真の知識」はインターネットではダメ
多くの本を読み、かつ書くことで文章力がアップ
ビジネスキルをアップさせるにも読書が大切
趣味をはじめプライベートにも読書が役立つ
読書が実証された読書の心理的効果
読書がもたらす脳機能の活性化
心を豊かにする本の選び方
値段で本を選んではいけない
「多読・乱読」で出会いの数を広げよう
前書きと目次のチェックが本選びの鉄則
著書のプロフィールもしっかりチェックしよう
趣味や感性が自分に近い人の意見を参考に
「憧れの人」が強く薦める1冊を読んでみよう
「読書のプロ」たちが選ぶ1冊を参考にしよう
ベストセラーやランキングで選んでもOK
心を豊かにする本の読み方・・基本編
忙しい人でも読書の時間は必ずつくれる
「ノルマ設定作戦」で読むと心に残る
60分続けて読むより、15分×4回の読書を
「朝起きを活用した読書」を毎日の習慣にしよう
1冊ずつ読むより、何冊かを同時進行がいい
「つまらない」と感じたら後回しに
心を豊かにする本の読み方・・応用編
脳に長期保存させる「リピート読書作戦」を
「飛ばし読み」も大いに有効
心に残る読書の基本は「エンターテインメント」
脳を活性化させるには「音読」も効果的
参考文献を併せ読む「リンク作戦」で知識を補完
気に入った著者はとことん追いかけよう
「本を読まない読書術」のメリットとは?
読後に人に話してあげることが大切
読んでいない人に「話す」ことで記憶が確かに
第一段階は「抜き書き」から始めよう!
読書メモのポイントは「要約」すること
SNSをフル活用しよう
1冊で二本の記事を投稿し、本の記憶を残そう
読書メモに加えて「ネタ帳」作戦で知力アップ
読書メモから「レビュー」へのステップアップ
「読書会」に参加してみよう
慣れてきたら自分で読書会を「主催」してみよう
電子書籍の賢い活用法
紙の本より軽量かつコンパクトで保管も楽
購入費の節約にも電子書籍がいい
読みたいときにすぐ読めるスピード感も魅力
文字を拡大できるのでシニア向き
「ハイライト機能」をフル活用しよう
専用の電子書籍端末には独自の魅力もあり
紙の本のように読める「電子ペーパー」
Kindleと双璧の楽天Koboも要チェック






しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
うつ病を克服した体験談で生きる力を得よう
おひとりさまの心構えと老後の対策
採用される履歴書・職務経歴書の書き方とポイント
人相による結婚相手の選び方
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
恋愛メールテクニック
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
生活習慣病とストレス解消法
ビジネスメールのコツを知りライバルに差をつけよう
よくわかる介護保険

Copyright (C)2015. 古歌・辞世の歌・格言・禅の言葉、いい言葉や名言から学ぼう All rights reserved.